韓国・ソウルの賃貸住宅/賃貸オフィス/店舗・工場/マンスリー物件/会社設立等のビジネスサポート ホームズナビ インターナショナル コリア

HOMES Nani インターナショナルコリア 韓国の不動産はHOMES NaviHOMES Nani Internatinal KOREA

お問合せは、(韓国)82+31-782-1570
レンタル家具・家電
韓国の基本情報

オフィスの種類と特徴

韓国で事務所を賃貸する場合、オフィステルまたは一般のオフィスビルへの入居となります。

一般オフィスビルディングが事務室用途にのみ使用されるように設計されているのに比べて、オフィステルは日中は事務または作業・勉強など多目的用途に、夜間には宿泊も可能なようにホテル様式に設計されています。利用者が出退勤の必要なしに一日の業務や生活が全てビル内で成り立つ利便性のため弁護士・アカウンタント・税理士・教授・画家などの利用率が高く、貿易商社を含めた中小企業も分譲・賃借しています。

そのため日本人が賃貸する場合、保証金、立地、人員、事業分野によってどういったタイプが適切かを判断して選択するといいでしょう。


オフィステル

事務所又は住居としての利用が可能で各戸にトイレ・シャワー・流し台が備付いております。オフィステルの特徴はバスタブが設置されていない点と小さな契約面積が多い点で圧倒的にワンルームタイプの部屋が多い点です。
オフィステルの利用は事務室として利用するか、住居として利用するかのどちらかになります。
現在供給数が多い為値崩れ気味です。また住居用として制限されている物件も多いため注意が必要です。

オフィステル

このタイプの物件一覧へ

オフィスビル

契約面積と専用面積の割合がビルごとにより異なりますので一概に m2当たりの賃料の比較は難しく専用面積に対して比較して判断する方が無難です。近年できたビルは契約面積に対する専用面積の割合が低くなり 50 %を下回るビルも多く見受けられます。また各エリアによりビルの特徴が異なりますので、各々の築年数の特徴や立地の特徴及び賃貸 条件の特徴を後程ご説明致します。韓国ではもともとチョンセ価格というものを基準にし賃貸条件を決定致します。チョンセ価格の 20 %〜 30 %を保証金とし、残りの 70 %〜 80 %を賃料に設定しそのチョンセ価格に対してウォルセ(月賃料)に転換するウォルセ 転換率というものがあり 2005 年では 1.5 %に設定しているビルが多くなっています。

オフィスビル

このタイプの物件一覧へ

HOME | 会社概要 | 韓国不動産ガイド | お問い合わせ
HOMES NAVI International KOREA 〒463847 京畿道 城南市 盆唐区 九美洞187-4 ポイントタウン 501号 TEL: +82-31-715-5860 FAX: +82-31-715-5861
Copyright(C) 2008 GPRO Co., Ltd.